LIBRAIRIE6/シス書店

librairie6.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 12日

LIBRAIRIE6/シス書店 第37回企画 ~大月雄二郎「鉄器時代」

LIBRAIRIE6/シス書店では第37回企画として、
大月雄二郎「鉄器時代」展を9月5日(土)~9月20日(日)まで開催致します。

【展覧会関連トークイヴェント】
◎9月19日(土)17時~巖谷國士(仏文学者)+大月雄二郎(美術家)
※定員30名(先着順) 料金¥1.500- 場所:LIBRAIRIE6/シス書店
※要予約/電話受付のみ/9月1日(火)12時より受付開始( 03-6452-3345)
※イベント開催日は16時半に閉廊させて頂きます。


L’âge de fer 鉄器時代

話をしたいわけじゃない。
それより僕は聞きたかったのだ。
鉄錆の鈍い光の由来と、そして彼らの遍歴を。

退役して久しいこれらの車両昇降機(ジャッキ)が僕を引きよせるはるか以前に鉄の時代は去っていた。
車両の重量、機械油(グリース)、泥、デタラメな操作にこの小さなアトラスたちは屈しはしなかった。
しかし、なんて重さだ!

鉄器は口々に話し出す、彼らには名前がある。彼らはものを言うのだ。
« Walker, Rees, Kimball, Simplex, L82, Pittsburg, Patented in US, Lift, Chicago, Cap 4 tons, British Made, Lake & Elliot,
All Foreign countries, DUFF, Type 6, MFG Co., Toronto, Juin 1919, M1/2, Ashland, BALL BEARING… »
もしこれらの言葉がポエジーでないと言うのなら僕はこの場でおさらばだ。

手でじかにこの「道具」に触って欲しい。
僕が手の平や指、筆で撫でまわしたように。

形状、体積、密度、そして控えめな熱伝導率を掌につつむ。
僕は筆で輪郭をなぞった。

物体は稜線だけを遺して溶解し、消える。
この鉄の彫刻に力を加えれば
軋んだ金切り声、低い労働のうめき声をあげる。
                               
まだちゃんと動く。故障もない。                 

いやはやたいした鉄屑だ!    大月雄二郎


大月雄二郎は1948年神戸生まれ。
1968年、関西学院大学理学部中退後、1969年に状況劇場に入団。71年に退く。
その頃より銅版画に興味を抱き、山本六三により手解きを受ける。1972年に渡仏し、同地で池田満寿夫に出会いドライポイント技法を習う。1981年、作家ロラン・トポールと親交が始まり多大な影
響を受ける。同年の銅版画展以来、東京・パリをはじめアメリカ・ベルギー・モナコ・トルコなどで個展・美術サロンに出品。2011年、フランスに於ける芸術勲章シュヴァリエを受勲。

今企画では、新作タブロー作品20点に加え、オブジェ10展点による展示です。
是非、ご高覧頂ければ幸いです。
d0156273_1547335.jpg

©Yujiro Otsuki


※作品に関するお問い合わせはLIBRAIRIE6までお電話03-6452-3345又はメールinfo@librairie6.comで宜しくお願い致します。

LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
3F minami-building 1-12-2 Ebisu-Minami Shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00 日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)


[PR]

by librairie6 | 2015-07-12 16:30 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)


<< LIBRAIRIE6/シス書店...      LIBRAIRIE6/シス書店... >>