2015年 10月 18日

LIBRAIRIE6/シス書店 第39回企画 ~宇野亞喜良「浦嶼子伝」出版記念展

LIBRAIRIE6/シス書店では第39回企画として、
宇野亞喜良「浦嶼子伝」出版記念展を11月7日(土)~11月29日(日)まで開催致します。<

【展覧会関連イベント】
◎11月8日(日)14時~トークイヴェント/(満席となりました)

宇野亞喜良(イラストレーター)+桑原茂夫(詩人/アリス研究家)
※定員30名(先着順) 料金¥1.500- 場所:LIBRAIRIE6/シス書店
※要予約/電話受付のみ/10月22日(木)12時より受付開始( 03-6452-3345)
※イベント開催日は13時半に閉廊させて頂きます。

◎11月21日(土)14時~宇野亞喜良サイン会
※当日LIBRAIRIE6で作品集『浦嶼子伝』をご購入の方に限ります。

◎新刊詩画集発売
◎詩画集【浦嶼子伝】愛育社刊(11月7日発売)¥4.500(税別)
絵/宇野亞喜良 詩/桑原茂夫・佐々木聖 解説/巖谷國士

宇野亞喜良は1934年愛知県名古屋生まれ。父親が室内装飾業を営んでおり、その影響で幼いころから絵を描き始め、画家の宮脇晴に師事。高校卒業後、カルピス食品工業に入社、同社の広告・宣伝に携わる。その後、原 弘/亀倉雄策/山城隆一らが設立した日本デザインセンターに入社する。1965年同社を退社し、同世代を代表する横尾忠則、和田誠、山口はるみ、灘本唯人などと共に東京イラストレーターズ・クラブを設立する。1970年代当時、眉を剃り落とすスタイルが「宇野亜喜良スタイル」といわれ、流行した。 1982年、第13回講談社出版文化賞さしえ賞を受賞。 1992年、山下明生作の『カモメの家』で第6回赤い鳥さし絵賞を受賞。1999年からは、麻布十番納涼祭りのポスター、うちわのデザインを担当している。 1999年、紫綬褒章を受賞。2008年、舟崎克彦文の『悪魔のりんご』で第13回日本絵本賞を受賞。2010年、旭日小綬章を受賞。2015年、読売演劇大賞選考委員特別賞受賞。

桑原茂夫は1943年東京/田町に生まれ。東京大学文学部美学専修課程卒業。学生時代に『東大文学』『星の鏃』などの同人活動で、巖谷國士、藤井貞和、扇田昭彦らと親交を深めた。卒業後は河出書房新社から思潮社へ。『現代詩手帖』編集長として「詩的なるもの」を幅広く追求し、1976年編集スタジオ・カマル社を興し現在に至る。アリス研究家。

巖谷國士は1943年、東京・高輪生まれ。仏文学者・美術批評家・旅行家。シュルレアリスムの実践と研究を中心に、広く文学・美術・写真・映画・メルヘン・神話・旅・博物・庭園・都市についての著述や、展覧会監修・講演・写真個展などの活動をおこなう。主著に『シュルレアリスムとは何か』『封印された星』『森と芸術』『旅と芸術』『幻想植物園』ほか。

佐々木聖は1973年愛知県生まれ。ギャラリスト。LIBRAIRIE6+シス書店主宰。2010年東京・恵比寿にダダ・シュルレアリスムを中心とした作品を扱うギャラリーを開廊。女性シュルレアリストに焦点を当てた企画や映像イベントに講演会等、様々な展覧会やイベントを開催している。

今企画では、1964年に美術出版社より刊行された「日本民話グラフィック」に収録された『浦嶼子伝』を原案として再構成された宇野亞喜良による新作画に、1964年版『浦嶼子伝』には桑原茂夫氏による新たな詩が入り、2015年版『浦嶼子伝』には佐々木聖による詩が添えられた詩画集『浦嶼子伝』(愛育社)の出版記念展として原画20点に加え立体作品4点の展示です。是非、ご高覧頂ければ幸いです。
※協力 / 株式会社パジコ
※作品に関するお問い合わせはLIBRAIRIE6までお電話03-6452-3345又はメールinfo@librairie6.comで宜しくお願い致します。
d0156273_13424865.jpg
©Aquirax Uno

※11月6日(金)~11月25日(日)まで蔦屋書店2号館 1階 ブックフロアにて宇野亞喜良ブックフェアを開催致します。詳しくはこちら。
また、宇野亞喜良×志磨遼平(ドレスコーズ)による「僕らの好きな女の子」をテーマにトークイベントも開催されます。詳しくはこちら。

※今企画展で作品をご購入の方に宇野亞喜良ポップアップカレンダーをプレゼント致します。
※協力/株)シュガー・マトリックス
d0156273_14473573.jpg




LIBRAIRIE6 The 39th exhibition - Akira Uno "Urashimanokoden" launch exhibition

The 39th exhibition at LIBRAIRIE6 is "Urashimanokoden" launch exhibition by Akira Uno.
The exhibition will run from November 7th to 29th.

【Events related to this exhibition】
◎Talk Event: November 8th, Sunday, starts at 2pm
Akira Uno (Illustrator)+ Shigeo Kuwahara (Poet/Lewis Carroll's Alice researcher)+ Sho Sasaki (LIBRAIRIE6)
※Limited to 30 persons (FCFS)/ Price:1.500yen/ Location: LIBRAIRIE6
※Advanced reservation is required/ Phone reservation only (TEL:03-6452-3345)/ Reservation starts at noon on October 22nd, Thursday.
※Gallery will be closed at 1:30pm on the day of the event.

◎Book signing Event: November 21st, Saturday, starts at 2pm
※Book “Urashimanokoden” must be purchased at LIBRARIE6 on the day of the event.

【New Illustration Poetry Publication】
◎Illustration Poetry “Urashimanokoden” published by Aiikusha/ On sale date: November 7th/ 6.800yen(Tentative price)
Illustrations: Akira Uno/ Poet: Shigeo Kuwahara・Sho Sasaki

Akira Uno was born in Nagoya, Aichi, in 1934.
His father was running an interior designing company. He was influenced by his father and started drawing as a child, then became an apprentice to the painter, Haru Miyawaki. Soon after graduating from high school, he joined CALPIS CO.,Ltd, a leading food company in Japan, and was engaged in advertising of the brand.
Later, he joined Japan Design Centre founded by Hiro Hara, Yusaku Kamekura, Ryuichi Yamashiro.
He left the company in 1965 and established Tokyo Illustrators Club with famous illustrators and graphic designers of his age, Tadanori Yokoo, Makoto Wada, Harumi Yamaguchi, Tadahito Nadamoto.
In the early 1970s, a style shaving off eyebrows became popular and it was called “Akira Uno Style".
In 1982, he won the illustration award of the 13th Kodansha Publication Culture Award.
In 1992, he won the 6th Akaitori illustration award for "Kamomenoie" by Haruo Yamashita.
From 1999, he started to design the posters and paper fans of Azabujuban summer festival.
In 1999, he won Shijyuhoushou award, one of the medals of horner in Japan.
In 2008, he won Japan Picture Book award with "Devil's Apple" written by Yoshihiko Funazaki.
In 2010, he won the Kyokujitsushoujyushou award.

Shigeo Kuwahara was born in Tamachi, Tokyo, in 1943. He graduated from the Department of Aesthetics in the University of Tokyo and developed deep relationship with Kunio Iwaya, Sadakazu Fujii, and Akihiko Senda through the activities such as "Todaibungaku" and "Hoshinoyajiri" when he was a student. He joined Kawade Shobo Shinsha after graduation and later joined Shichosha.
As a chief editor of "Gendaishitecho", he pursued "poets" in broader aspects and established Editorial Studio Kamaru in 1976. He is a researcher of Lewis Carroll's Alice series.

Sho Sasaki was born in Aichi in 1973. Gallerist and the owner of LIBRAIRIE6. She opened a gallery dedicated to Dada-Surrealism in Ebisu, Tokyo and holds exhibitions focused on female surrealism artist, films events, talk events, and other various exhibitions and events.

At this launch exhibition of "Urashimanokoden", 20 pieces of original drawing and 4 objects will be displayed. New edition of "Urashimanokoden" to be published in November, 2015 includes the 1964 edition. We hope you enjoy this exhibition.

*Partnership: PADICO, Co., Ltd
*Please contact LIBRAIRIE6 for any inquiry about artwork at 03-6452-3345 or info@librairie6.com.


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
3F minami-building 1-12-2 Ebisu-Minami Shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00 日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)


[PR]

by librairie6 | 2015-10-18 13:10 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)


<< LIBRAIRIE6/シス書店...      LIBRAIRIE6/シス書店... >>