LIBRAIRIE6/シス書店

librairie6.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 29日

5月30日(日曜日)・6月2日(水曜日)の営業時間の変更について

明日、5月30日(日曜日)は通常12:00~18:00までの営業を17:00までとさせて頂きます。
また、6月2日(水曜日)は12:00~19:00の営業を14:00~19:00に変更させて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒、宜しくお願い致します★

ところで、先日5月26日にLIBRAIRIE6/シス書店のお隣303号室にとてもステキなお店がOPENしました!!
帽子ブランドのgrisのデザイナー内山グリさんとギャラリースペースARTAMを主宰する村上真夏さんの
提案する新しい形のギャラリーショップ
「I FIND EVERYTHING」→http://ifindeverythingtokyo.com/です!

301号室には、神秘的で繊細で詩的なジュエリーを生み出す作家古田氏のお店、
「tmh」→http://www.atelier-tmh.com/index.htmlも入っています。

301号室・302号室・303号室。取り扱うものは異なるけれど、どこか一筋共通点があります。
ルソレイユは楽しくなりそうです!
皆さま、是非遊びにいらして下さい。

LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)
[PR]

by librairie6 | 2010-05-29 13:09 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2010年 05月 12日

銅版画家・山下陽子氏によるLIBRAIRIE6/シス書店オリジナル作品!

繊細で、美しくて、詩的で、それは儚い夢の様な作品を創り出す作家。山下陽子さん。
4月、LIBRAIRIE6/シス書店をOPENする時、山下氏にオリジナルのエッチングシリーズをお願いした。
先ず第1作目は4月に誕生するという事に因んで牡羊の図画に決まった。

それからひと月半、楽しみに待ちに待って、今日の午後手元に届いた。
深く沈んだ美しい小さな黒い紙製の小箱は、紙の染めから全て作家のお手製である。
悲しみに満ちた小さな羊の身体は6の数字に絡まり吊られている。
箱に貼られたラベルも山下氏の小さなエッチングとなっていて、その全てが完璧に美しい作品である。

LIBRAIRIE6にちなんで限定6のみです。
お問い合せはLIBRAIRIE6 /シス書店までお願い致します。

LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)

d0156273_1911773.jpg
[PR]

by librairie6 | 2010-05-12 19:17 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(4)
2010年 05月 05日

5月5日/子供の日

連休中にも関わらず、いつも通り月曜日と火曜日はお休みにした。
この2日間で行きたいところは沢山あった筈なのに、一つも行けなかった。

一つは、庭園美術館で開催されている「ロドチェンコ」展

そして、川崎市岡本太郎美術館で開催中の「前衛下着道 ―鴨居羊子とその時代 岡本太郎・今東光・司馬遼太郎・具体美術協会」展

もう一つは、川村記念美術館「ジョセフ・コーネル×高橋睦郎 箱宇宙を讃えて」展である。

来週は、色々打ち合わせが入っているけれど、何とか時間を作って行こうかな。

今日は、子供の日である。
澄み渡った青空に風をはらませてなびかせる吹流しの鯉。
初夏の空に浮く作り物のお魚。
非常に不思議な光景である。
[PR]

by librairie6 | 2010-05-05 15:08 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(3)