LIBRAIRIE6/シス書店

librairie6.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 02日

LIBRAIRIE6/シス書店~2周年について

2010年4月2日、築40年になる木造アパートの小さな1室にオープンしたLIBRAIRIE6/シス書店。
2011年3月11日の震災以降、東京でも余震が続き不安な状態で迎えた1周年。
そして2012年4月2日、沢山の方々に支えて頂きLIBRAIRIE6は2周年を迎える事が出来ました。
皆様には、一々拝眉の上お礼申し上げるべきですが、略儀ながらこのBlogにてご挨拶申し上げます。
七転八起の精神で今後も励んで参りますので変わらぬご指導、ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

LIBRAIRIE6~第11回企画展は、4月25日(水)~5月27日(日)まで「動物相/Fauna」をテーマに初めてのグループ展を致します。
今後も様々な企画展/イベントを予定しておりますのでご高覧ご参加頂ければ幸いです。


d0156273_8524613.jpg


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2012-04-02 08:59 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2012年 02月 01日

LIBRAIRIE6/シス書店 第10回企画~赤木仁「夜見るモノ」展

LIBRAIRIE6/シス書店、第9回企画~第4回恵比寿映像祭/地域連携プログラム~飯村隆彦「日本のダダと土方舞踏」展に続き、
第10回目の企画として、赤木仁「夜見るモノ」展を2月15日(水曜日)~ 3月11日(日曜日)まで開催致します。

赤木仁は、1957年石川県生まれ。
画家/金子國義に師事し1988年に独立。
展覧会を中心にフリーランスでエディトリアルの仕事にも携わる。
またコシミハルのADなどを経て、時には文章など色々な表現方法で作品を発表している。
1993年初個展「箱」以来、10才までの銅山跡での体験を神話化した作品を描き続けている。

今回の「夜見るモノ」展では炎に乗り青空に浮かぶ目玉の「天目(テンモク)」シリーズ15展と「羽衣」「頭いっぱいの鹿」他、
赤木仁が「夜見るモノ」をイメージした旧作約20点の油彩画に加え立体作品「頭いっぱいの鹿」を2点展示致します。是非ご高覧頂ければ幸いです★

※作家在廊日は随時LIBRAIRIE6のツイッター(@LIBRAIRIE6)にて告知致します。


d0156273_149156.jpg

安土164 AZUCHI No.164 2009(C)赤木仁 ZIN AKAKI


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2012-02-01 13:14 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2012年 01月 12日

LIBRAIRIE6/シス書店 第9回企画~飯村隆彦「日本のダダと土方舞踏」展

LIBRAIRIE6/シス書店、第8回企画~TOYEN「涜聖の森」展に続き、
第9回目の企画として、飯村隆彦「日本のダダと土方舞踏」展を2月10日(金曜日)~ 2月12日(日曜日)まで開催致します。

飯村隆彦は1937年東京生まれ。
日本の実験映画の草分けの一人であり、1960年代にハプニングのオノ・ヨーコ、画家の赤瀬川原平、作曲家の小杉武久、暗黒舞踏の土方巽などの前衛芸術家の協力もあり、
8ミリや16ミリの前衛映画を個人で制作し、ギャラリ-やホ-ルでゲリラ的に自主上映活動を行なう。大林宣彦、高林陽一、ドナルド・リチ-、石崎浩一郎らと実験映画集団
「フィルム・アンデパンダン」を1964年に結成し、東京の紀伊国屋ホ-ルで日本の個人映画史上最初の実験映画祭を行なった。
1965年、オノ・ヨーコの音楽による実験映画「LOVE」が、ジョナス・メカスによって「ビレッジ・ボイス」紙上で高く評価され、ニューヨークにデビューした。
1966年にはハ-バ-ド大学国際セミナ-に招待され渡米、さらにニュ-ヨ-クのジャパンソサエティの客員芸術家として制作と上映活動を行なう。
1973年、ドイツアカデミ-の招きで、1年間ベルリンに滞在、キネマテ-クやベルリン芸術アカデミ-で個展上映、74年にはパリのシネマテ-クやポンピドウ・センタ-などでも
個展上映を行なう。ニュ-ヨ-クでは1974年に近代美術館、79年にはホイットニ-美術館で個展とパフォ-マンスを行い、個人映画作家として、国際的に評価される事となる。

今回は、東京都写真美術館による第4回恵比寿映像祭/地域連携プログラムとしてLIBRAIRIE6では初めての映像企画です。
3日間のみの短い期間ではございますが是非ご高覧頂ければ幸いです★

※2月11日(土曜日)16時より、飯村隆彦による【あんま】【ばら色ダンス】の上映に加えトークイベントを開催致します。
限定20名(要予約/料金¥1500-)です。当日は準備の為15時に閉めさせて頂きます。


※上映+トーク開催中はお申し込みされた方以外のお客様はご入場頂けませんのでご了承下さい。

※11日(土/祝)のイベントは満席となりました。ありがとうございました。

☆2月5日(日曜日)までコレクション展示です。

d0156273_14181771.jpg

飯村隆彦映画作品:土方巽暗黒舞踏「バラ色ダンス」より土方巽と大野一雄 ©Takahiko iimura


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2012-01-12 14:26 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2012年 01月 07日

LIBRAIRIE6/シス書店 2012年もよろしくお願い致します


 明けましておめでとうございます。
2012年も宜しくお願い致します。



d0156273_16454666.jpg


※新年は1月11日(水曜日)より通常営業致します。

LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2012-01-07 16:50 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 12月 27日

LIBRAIRIE6/シス書店 年末年始のお休みについて★

LIBRAIRIE6/シス書店 第8回企画~TOYEN「涜聖の森」展、は12月25日に終了致しました。
今回は合田佐和子「眼トロノーム」展からの変更企画にも関わらず、沢山の方にお越し頂きました。
この場を借りて御礼申しあげます。

2010年4月にオープンしたギャラリーLIBRAIRIE6。
この1年と8ヶ月、本当に沢山の方々のご協力や応援を頂きながら進んで参りました。
来年は2周年を迎えます。2012年も素晴らしい作品を皆様にご紹介出来る様、充実した企画をして参りますので何卒宜しくお願い致します。

LIBRAIRIE6/シス書店の年末年始のお休みは2011年12月26日(月曜日)~2012年1月10日(火曜日)までです。

1月11日(水曜日)より通常通りの営業とさせて頂きます★

※2012年~第1回企画展は2月10(金)~12日(日)まで東京都写真美術館「第4回恵比寿映像祭」の地域連携プログラムイベントとして、
飯村隆彦「日本のダダと土方舞踏」を開催致します。

d0156273_1764181.jpg



LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2011-12-27 17:15 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 11月 11日

LIBRAIRIE6/シス書店 第8回変更企画 ~TOYEN 「涜聖の森」展

LIBRAIRIE6/シス書店、第8回企画の変更企画として、
トワイヤン「涜聖の森」展を11月23日(水曜日)~ 12月25日(日曜日)まで開催致します。

1902年、チェコのプラハで生まれる。本名マリー・チェルミノヴァー。
プラハのエコール・デ・ボザールで短期間学んだ後、1922年にユーゴスラビアでインドリッヒ・シュティルスキーと知り合う。
1923年、 シュティルスキーと共にカフカらが属していたチェコの前衛グループ『デヴィエトスィル』に加わる。
この頃からトワイヤンと名乗り始める。
1925年、 シュティルスキーと一緒にパリに滞在。1927年のヴァヴァン画廊での展示会ではフィリップ・スーポーが序文を書く。
シュルレアリスムの影響から、30年代初頭より夢や無意識に由来した混沌としたヴィジョンを描くほか、精神の現実を自然の形態に即して表現するようになる。
1928年、パリを去り、一時プラハに戻り1980年パリにて逝去。

今回はトワイヤンの版画集「涜聖の森」「塔の中の井戸」による版画作品の他、戦中に制作された版画作品を加えた25点程の展示です。
ご高覧頂ければ幸いです★

d0156273_2354880.jpg


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2011-11-11 18:23 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 11月 01日

LIBRAIRIE6/シス書店 第8回企画~合田佐和子「眼トロノーム」展

※下記日程で開催予定でしたが諸事情により中止となりました。
皆様には、大変ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い致します。


※企画変更準備の為、11月9日~22日まで休廊とさせて頂きます★

LIBRAIRIE6/シス書店、第7回企画~山下陽子「香水夜話」展に続き、
第8回目の企画として、合田佐和子「眼トロノーム」展を11月23日(水曜日)~ 12月25日(日曜日)まで開催致します。

合田佐和子は1940年高知生まれ。
原体験が戦後の焼跡だったため、幼少よりガラクタ収集癖があり、
1965年に瀧口修造のすすめで制作したガラクタオブジェを発表。
1971年に油彩を始め1980年以降には、ポラロイド、パステル、鉛筆、16mm、ビデオ、写真、エッチングを発表。
並行して1966年より唐十郎、寺山修司等の舞台・映画美術も多数担当。
長い間エジプトに惹かれ1985年アスワンのヌビア人の村に1年間移住した。
近年はレンズ効果による眼/ばら/貝/石などが題材となっている。

今回の展覧会では「眼」を題材にした新旧作の油彩に加え、オブジェ / コラージュ/デッサンによる作品30点ほどの展示です。
ご高覧頂ければ幸いです★

d0156273_21413289.jpg


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2011-11-01 23:42 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 09月 07日

LIBRAIRIE6/シス書店 第7回企画~山下陽子「香水夜話」展

LIBRAIRIE6/シス書店、第6回企画~平竜二「Vicissitudes-儚きもの彼方より」展に続き、
第7回目の企画として、山下陽子「香水夜話」展を10月5日(水曜日)~ 11月6日(日曜日)まで開催致します。

山下陽子は神戸生まれ。
1993年、山本六三に師事し銅版画家となる。近年はコラージュ、オブジェ作品も制作し、書籍の装画も手掛けている。
山下陽子の作品は、現世界ではすでに失われた時がその画やオブジェの中でのみ微かに存在するかのような、神秘的で静謐な小宇宙を想像させる。

今回の展覧会では香水瓶を題材にした新作の版画 / オブジェ / コラージュに加えて、昨年発表したオペラアイテールシリーズによる25点ほどの展示です。
ご高覧頂ければ幸いです★

※10月8日(土曜日)19時半より30分ほど、辻隼人による【トイピアノ】ライブを開催致します。
限定20名《無料》ですので、ご予約お願い致します。9月14日より受け付け致します。
※大変申し訳ございませんが満席となりました。

※作家在廊日については随時ツイッタ-にてご報告致します。

☆現在はコレクション展示中です。


d0156273_9463321.jpg


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2011-09-07 09:51 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 07月 21日

LIBRAIRIE6/シス書店 コレクション展示と夏期休暇について

LIBRAIRIE6/シス書店 第6回企画展 平竜二プラチナプリント「Vicissitudes-儚きもの彼方より」には梅雨の蒸し暑さの中、そして会期中に梅雨明けし、
その後の厳しい暑さの中、本当に沢山の方がいらして下さいました!!
この場を借りて御礼申し上げます。

8月~9月はLIBRAIRIE6のコレクション展示です。 ※(8月14日-16日はお盆休み)

展示作家は男性作家「赤木仁/大月雄二郎/北川健次/平竜二」 
女性作家「岡上淑子/合田佐和子/野中ユリ/山下陽子/ウニカ・チュルン/トワイヤン/ボナ・ド・マンディアルグ」です。
前回企画の平竜二作品を多めに、他各1点ほどの展示です。(途中展示入替致します)

次回企画展は10月5日(水曜日)より銅版画家~山下陽子による新作版画と新作オブジェ展、12月は合田佐和子展です。


また、LIBRAIRIE6/シス書店 9月のお休みについて
9月5日(月曜日)~13日(火曜日)まで夏期休暇を頂きます。9月14日(水曜日)から通常通りの営業とさせて頂きます★
不在中に頂いたメールやご注文等の回答も14日以降にさせて頂きますので、宜しくお願い致します★

d0156273_1445343.jpg

LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2011-07-21 15:49 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 05月 19日

LIBRAIRIE6/シス書店 第6回企画~平竜二「Vicissitudes-儚きもの彼方より」展

LIBRAIRIE6/シス書店、第5回企画~「女性シュルレアリスト- Femmes Surrealistes 」展に続き、第6回目の企画として、
平竜二 「Vicissitudes-儚きもの彼方より」 展を6月8日(水曜日)~7月10日(日曜日)まで開催致します。

平竜二は1960年熊本県生まれ。
1983年より写真家/高村規氏に師事。その後、東京にて広告写真家として活動し、国内外の広告賞を多数受賞。
後にニューヨークにて栗田紘一郎氏に学び、欧米にてファインアートフォトグラファーとなる。
プラチナプリント作品はニューヨークを中心に個展やグループ展で発表され、サンディエゴ写真美術館 /
サンタバーバラ美術館 / パリ国立図書館などの美術館に収蔵されている。

プラチナプリントは、1873年にイギリスで発明された「光の芸術」とも呼ばれるプリント技法。
連続階調と経年変化に耐えうるプリントの安定性から、その美しさは半永久的に保たれる「永遠のプリント」と言われています。
また、制作や処理に高度な技術が必要であり、感度の低い紫外線感光のため、引き伸しの作業が出来ず、プリントには原寸のネガが必要になります。

今回は、写真家 / 平竜二による一枚一枚、印画紙から全て手作りのオリジナルプリント作品の展示です。
是非、ご高覧頂ければ幸いです★


《パブリック・コレクション》

サンディエゴ写真美術館 / パリ国立図書館 / サンタバーバラ美術館 / フィラデルフィア図書館 / 九州産業大学美術館


《Exhibition》

2000 Three Views of Secret, Gallery Mare, Tokyo, Japan
2000 Three Views of Secret, Gallery Ississ, Kyoto, Japan
2001 Ki no Kai, Fuji Photo Salon, Tokyo, Japan
2001 Plants and Iron, kaiseido Photo Gallery, Tokyo, Japan
2002 Plants and Iron, Fotosphere Gallery, NewYork, USA
2003 Photographs, Neuberger Museum of Art, NewYork, USA
2004 Vicissitudes, Fotosphere Gallery, NewYork, USA
2005 Alternative Printing, Fotosphere Gallery, NewYork, USA
2005 Auction Exhibition,The Center for Photography at Woodstock, NewYork, USA
2005 Time, Fotosphere Gallery, NewYork, USA
2006 Auction Exhibition, The Center for Photography at Woodstock, NewYork, USA
2007 Platinum Prints, Fotosphere Gallery, NewYork, USA
2007 Platinum Prints, Fotosphere Gallery, Tokyo, Japan
2008 Platinum Prints, Style Meets people, Tokyo, Japan
2008 Time, Project Basho, Philadelphia, PA, USA
2009 Photographs, Fotosphere Gallery, Tokyo,Japan
2009 Circle, Sepia International, NY, USA
2010 Ki no kai, kodak Photo Salon, Tokyo, Japan
2011 The 2011 Viewpoint Fine Print Auction Exhibit, Viewpoint Photographic Art Center,Sacramento,CA,USA
2011 Fine Art / Scenery of Japan, Kodak Photo Salon, Tokyo, Japan


d0156273_1464583.jpg


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2011-05-19 14:19 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 04月 28日

ゴールデンウィークのお休みと「女性シュルレアリスト- Femmes Surréalistes 」展会期延長について

4月6日からスタートしたLIBRAIRIE6/シス書店、第5回企画~「女性シュルレアリスト- Femmes Surréalistes 」展ですが地震の影響により
5月1日までの会期中にお越し頂けない遠方の方の事情を考慮し、会期を延長する事に致しました。
ゴールデンウィーク期間中(5月2日~5日)はお休みさせて頂きますが、6月5日(日)まで開催致しますので、何卒、宜しくお願い致します!!


LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)
[PR]

# by librairie6 | 2011-04-28 14:11 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 03月 16日

【営業再開と1周年そして女性シュルレアリスト- Femmes Surréalistes 展のお知らせ】

東北太平洋沖地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
余震や原発事故など、油断できない状況が続いておりますので、皆様どうぞ無理をせず、安全第一でお過ごし下さい。

さて、地震の影響もありLIBRAIRIE6は、今週末までお休みとさせて頂きます。
営業再開は3/23(水曜日)からです。
4月2日にはLIBRAIRIE6/シス書店1周年 / 4月6日からは女性シュルレアリスト展も始まります★


誰もがいつも通りの朝を迎えた。太陽が昇り、風が流れ、波の音が聞こえる。人々は言葉を交わし、触れあい、何かが生まれる。いつも通りの日々がそこにはあったのだ。
誰もが、自分や家族や友人の死や悲しみが、突然やってくるなんて思いもしなかった。

2011年3月11日14時46分に起こった東北太平洋沖地震から半月。震災前と震災後では、まるで別の星になってしまったようだ。全てが変わってしまった。
私は東京で暮らし、家族や友人も被災した訳ではないが、この大震災は、そう思わせてしまう出来事となった。
いかに今まで粗雑に生きてきたのか改めて反省し考えなければならない。

↓このサイトは、今回の東北太平洋沖地震で今まで共に暮らした犬猫が行方不明であったり迷子の犬や猫を保護したなどの捜索・保護情報と家屋が倒壊して避難しており犬猫を一時預かって欲しいなどの救援要請をまとめた 東北自身犬猫レスキューのHPです。

東北地震犬猫レスキュー.com


それから、LIBRAIRIE6/シス書店1周年について。
2010年4月2日、桜の花が風に吹かれてヒラヒラ空を舞う頃にオープンしたLIBRAIRIE6/シス書店。
2011年4月2日、今年は寒い日が続いた為か、東京の桜はやっと少し花を咲かせ始めた。
2011年3月11日の震災以降、未だ、東京でも余震が続き、落ち着かない不安な状態で迎えた1周年ですが、この1年、とても沢山の方に支えられ、素晴らしい時を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました!!!!!!!!!!
昨年の今頃は、LIBRAIRIE6の扉が開く度にドキドキ緊張していたのでした。
5月頃から、第1回企画「野中ユリ-夢の結晶力」展の準備でユリさんのご自宅に何度か足を運び打ち合わせ。野中ユリさん、神奈川県立近代美術館のご協力もあり、初期の作品から新作まで幅広く展示ができました。
第2回企画「岡上淑子-夜間訪問」展では岡上淑子さん、写真美術館の学芸員さん、巌谷國士先生のご協力もあり、素晴らしい展示となりました。
第3回企画「大月雄二郎-レール考」展では作家の大月さんもパリから帰国して下さり、沢山の方に作品を見て頂けました。
第4回企画「北川健次-メデューサの透けた皮膚のために」展では北川さんが今回のために新作を多く制作して下さいました。
第5回企画「女性シュルレアリスト- Femmes Surréalistes」展は現在開催中です。
LIBRAIRIE6/シス書店では、今年も様々な企画展を予定しています。

これからも宜しくお願い致します!
[PR]

# by librairie6 | 2011-03-16 18:09 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(1)
2011年 03月 05日

LIBRAIRIE6/シス書店 第5回企画~「女性シュルレアリスト- Femmes Surréalistes 」展

LIBRAIRIE6/シス書店、第4回企画~北川健次「十面体-メデューサの透けた皮膚のために」展には本当に沢山の方にお越し頂きました★ありがとうございました!!
現在は常設展示開催中です。また来月第5回目の企画として「女性シュルレアリスト- Femmes Surréalistes 」展を4月6日(水曜日)~5月1日(日曜日)まで開催致します。

※地震の影響により5月1日までの会期中にお越し頂けない遠方の方の事情を考慮し、会期を延長致します。
ゴールデンウィーク期間中(5月2日~5日)はお休みさせて頂きますが、6月5日(日)まで開催致しますので、何卒、宜しくお願い致します!!


シュルレアリスムは1924年、アンドレ・ブルトンの『シュルレアリスム宣言』Manifeste du surralisme刊によって誕生した文学・芸術・思想上の運動です。
思想的にはジークムント・フロイトの精神分析、視覚的にはジョルジョ・デ・キリコの形而上絵画作品の影響下にあり、個人の意識よりも、
無意識や集団の意識、夢、偶然等を重視ておりオートマチズムやデペイズマン、コラージュなど偶然性を利用し主観を排除した技法や手法を用いられました。

シュルレアリスムを先導したのは詩人であるアンドレ・ブルトンを筆頭にルイ・アラゴン、フィリップ・スーポー、ロベール・デスノス、ポール・エリュアール、
ベンジャマン・ペレ、アントナン・アルトー、ルネ・シャール、ルネ・マグリット、ジャック・プレヴェール、レイモン・クノーなど。
また、当時シュルレアリスム運動には、多くの女性芸術家がその活動にかかわり、そして多くの女性芸術家を輩出した事も注目すべき特徴でした。
今回はその女性シュルレアリスト達に焦点を置いた企画展です。

出品作家は、ボナ・ド・マンディアルグ、ヴァランチーヌ・ユゴー、トワイヤン、ウニカ・チュルン、レオノーラ・キャリントン、ドロテア・タニング、
またシュルレアルスムの影響を受けた日本の女性作家として岡上淑子、野中ユリ、合田佐和子の作品を展示致します。

※1924年に刊行された「シュルレアリスム宣言」の他、女性シュルレアリストの関連書籍、作品集等も合わせて展示致します。ご高覧頂ければ幸いです★
常設展示では赤木仁/岡上淑子/大月雄二郎/北川健次/野中ユリ/山下陽子/四谷シモン他の作品を展示しています。

d0156273_13254173.jpg

                                                    ボナ・ド・マンディアルグ「三島由紀夫」
[PR]

# by librairie6 | 2011-03-05 13:40 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)
2011年 01月 15日

LIBRAIRIE6/シス書店 第4回企画~北川健次「十面体‐メデューサの透けた皮膚のために」展

LIBRAIRIE6/シス書店、第3回企画~大月雄二郎「レール考」展に続き、
第4回目の企画として、北川健次「十面体‐メデューサの透けた皮膚のために」展を2月9日(水曜日)~2月27日(日曜日)まで開催致します。
※都合により16日(水曜日)を臨時休業とさせて頂きます

北川健次は1952年福井県生まれ。
駒井哲郎に銅版画を学び、棟方志功・池田満寿夫の推挽を得て作家活動を開始。
75年現代日本美術展ブリヂストン美術館賞受賞。76年、東京国際版画ビエンナーレ展(東京国立近代美術館)、81年、リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展招待出品。89年より「箱」を主題に立体表現も展開。
90年、文化庁派遣芸術家在外研修員として渡欧。1993年、来日したクリストよりオブジェ作品の賞讃を得るなど、銅版画とオブジェの分野における第一人者的存在。版画、油彩画、オブジェの他に写真、詩、評論も手がける。
鋭い詩的感性と卓越した意匠性を駆使した作品は、美術の分野において独自の位置を占めている。
2008年にランボーを主題とした作品が、ピカソ、クレー、ミロ、ジャコメッティ、ジム・ダイン、メープルソープらと共に選出され、フランスで展覧会が開催される。
同年、CLAUDE JEANCOLAS著による『LE REGARD BLEU D’ARTHUR RIMBAUD』(FVW EDITION社)に、上記の作家たちと共に掲載される。
2010年にパリ市立歴史図書館にて開催された『RIMBAUD MANIA』展に招待出品。


パブリック・コレクション

東京都現代美術館・ブリヂストン美術館・神奈川県立近代美術館・東京都美術館・埼玉県立近代美術館・栃木県立美術館・うらわ美術館・町田市立国際版画美術館・福井県立美術館・東広島市立美術館・
和歌山県立近代美術館・徳島県立近代美術館・宮崎県立美術館・熊本市現代美術館・大分県立芸術会館・渋谷区立松涛美術館・広島市現代美術館・須坂市版画美術館・高松市美術館・国立国際美術館・
長野県信濃美術館・池田満寿夫美術館 ・アルチュール ランボー ミュージアム他


今回は、新作ミクストメディア・版画・オブジェ作品を展示致します。ご高覧頂ければ幸いです★
現在は常設展示中です。



LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ302
302 le soreil 1-14-12ebisuminami shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00   日曜日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(祝日の場合も店休)
d0156273_23131346.jpg

[PR]

# by librairie6 | 2011-01-15 18:12 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(1)
2011年 01月 09日

LIBRAIRIE6/シス書店 2011年もよろしくお願い致します★

                          

明けましておめでとうございます!
2011年も宜しくお願い致します★


d0156273_13482869.jpg

                    ↑前回のblogの写真に本物のネコが出現!!
[PR]

# by librairie6 | 2011-01-09 16:15 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(5)