LIBRAIRIE6/シス書店

librairie6.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2018年 12月 28日

Galerie LIBRAIRIE6/シス書店 第66回企画~ 羽田野麻吏「書物のみる夢」展

LIBRAIRIE6/シス書店では第66回企画として、
羽田野麻吏「書物のみる夢
展を2月2日(土)~2月23日(土)まで開催致します。
※2月2日17時~19時までオープニングパーティを開催致します。

【トークイヴェント開催】(満席となりました)
2月10日(日)16時30分~柄澤齊(版画家・美術家)+羽田野麻吏(製本家)
定員30名 料金¥1.500- 予約03-6452-3345

羽田野麻吏 Mari HATANO

羽田野麻吏は1966年北海道生まれ。
武蔵野美術大学にて舞台美術を専攻。卒業後は設計事務所にて博物館・美術館等の展示企画設計を行う。
1992年に栃木県立美術館で行われた「本の宇宙ー詩想をはこぶ容器」展をきっかけに栃折久美子氏の文章「チェケルール先生」の仕事とは何かに思い閃きルリユールの道に入る。1995年「栃折久美子ルリユール工房」エコルプログラムにて製本工芸を学んだ後、2003年にアトリエ・コリルスを立ち上げ、注文制作、製本教室を始める。2012年、製本家と箔押し師の4人によるユニットLes fragments de M としての展示・ワークショップ・注文制作も始める。

◎Reliure (ルリユール)について
結ぶ・関連させる意を持つルリユール(製本)は、頁を綴じ、表紙を付けるだけでなく、
テクストと共鳴した構造とデザインによって愛書家と書物の間に至福の関係を作り出すものとして現在も受け継がれています。花ぎれ、見返しの染め紙に至る全てが唯一そのテクストのために施される手仕事から成るルリユールされた本の持つ触感は、蔵書をその手の中で愉しむ特別な時間を生みます。

今企画では、愛書家と書物の間に特別な世界を作り出す新作ルリユール作品を13 点に加え、鉛の活字を使用したオブジェ作品13 点を展示致します。
是非、ご高覧頂ければ幸いです。

d0156273_18013769.jpg
©Mari HATANO
※画像の無断転載及び無断使用はご遠慮下さい。

LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
3F minami-building 1-12-2 Ebisu-Minami Shibuya-ku Tokyo JAPAN 150-0022
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00 日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)



by librairie6 | 2018-12-28 17:52 | LIBRAIRIE6/シス書店 | Comments(0)